円滑な会議システム|WEB会議で効率よく仕事をこなそう|売り上げアップに繋がる

WEB会議で効率よく仕事をこなそう|売り上げアップに繋がる

円滑な会議システム

オフィス

従来型と新型を分ける点

現代の業務ではリアルタイムで相手の意見や反応が受け取れる会議システムが重要な時代になっています。そうした中で近年、注目されるシステムの1つがVidyoだと言われています。このVidyoの特徴を把握するためには、まず映像会議システムにおける変容を把握する必要があります。そもそも従来型のテレビ会議システムでは、MCUと呼ばれる会議システム専用の端末を必要としていました。これと専用回線の確保により、映像を使った通信を安定して行える半面、それら専用設備確保への費用が割高になりやすい欠点がありました。そこで近年のシステムでは、一般のネットワーク回線を使って端末上のソフトから映像をやり取りできる種類が求められる様になっていました。こうした新しいタイプの会議システムを提供する代表格がVidyoだと言われています。

主な特徴とメリット

Vidyo(ヴィディオ)とは同名のベンダー企業から提供される、ソフトウェアベースでのビデオ会議システムを指しています。多くの大企業での会議システムに関する製品やアプリケーションの中に、このVidyoのシステムが採用されていると言われる程、急速に成長と普及が進んでいるとされています。Vidyoの最大の特徴として、独自の仕組みを採用する事でMCUの様な専用機器の導入が不要になっているため、複数端末間での接続が可能で、費用も安く済むという2点が挙げられます。加えてインターネットからでも社内ネットワークからでも接続および送受信が可能で、高品質な映像送受信に対応しており、様々な利用状況に対応しやすいメリットがあります。